> 博多らーめんshinshin@東急さっぽろ店 | 大盛上等2!

博多らーめんshinshin@東急さっぽろ店

先日ニュースで某国の大学入試戦争の話題が取り上げられていた。

その国では一流大学に入れば一生安泰ぐらいの価値があるそうで・・・。

そんな訳で入試には不正行為が横行しているそうな。

「ふーん( ´_ゝ`)フーン」
てな感じで聞いていました。

『カンニングにもスマホの活用やIT技術の応用などハイテク化が進んでいる』
ってな話題が続く。

ちなみにワタクシIT関連企業にいたりなんかするわけですが、ITとかハイテクと言われたところでもやっぱり
「ふーん( ´_ゝ`)フーン」
てな感じで聞いていました。

ところが!

替え玉受験も横行し…』

というフレーズがテレビから聞こえてきた瞬間にビクッってなったね。

「替え玉ですと!!」

思わずテレビを凝視したワタクシです。

さて、何の話でしたっけ?

そうそう、東急さっぽろ店の物産展に来ていた「博多らーめんshinshin」のお話・・・

毎年名称を変えつつも「九州・博多エリアの物産展」は年に一回開催してくれている東急さっぽろ店。

ありがたいことです。

毎年来てくれていたのは「博多一心亭」というお店。
大好きなお店です。

札幌に引っ越してきた2007年頃から毎年行っている

過去にはこんな記事も書いていたな。

今年は一心亭に代わって表題の「博多らーめんshinshin」が来てくれました。

濃厚な味わいながらさらりとしたスープは豚骨の旨味にあふれている。
どうやら豚骨だけじゃなく鶏もブレンドされているようで、それがさらに食べやすくしているのかも知れない。

博多ラーメンと言えば細めの麺が特徴。
硬めに茹で上げられた麺がスープと絡む至福・・・。

ざっくりとした表現をすると「札幌ラーメンの麺も硬め」という表現になるかも知れないが、それとは硬さの質が全然違う。

加水率の低い博多ラーメンの独特の麺。
札幌麺も好きだけど、これも大好きなんだよなぁ・・・。

某国の替え玉問題より深刻な私の替え玉問題。

先日の健康診断の不正通知(?)問題を考えると一杯で帰るべきなんだろうが・・・。

替え玉せずに一杯で帰るなんてありえない。
替え玉必須!    

あー・・・美味しい。
細くてもパツンとした小気味よい食感の低加水の麺が心地よい。

本当は二人目・・・いや二玉目の替え玉をしたかったのだが、スープが足りなくなってしまったし、今回は1替え玉で勘弁してあげよう(笑)

 

もっとも入試制度・・・いや、券売機制度になってから二人目の替え玉は容易じゃなくなってしまったけどね(^^;

スープの一滴も残さずご馳走様・・・。

一心亭も美味しかったけど、ここshinshinも好き。

来年もどちらかのお店に是非来ていただきたい。

 

某国における入試制度では「モラルの低下」や「薄らぐ罪の意識」なんてフレーズがテレビから聞こえてきましたが・・・。

マンボウ国では「麺の低加水化」や「(替え玉をしたときに)薄らぐスープの問題」の方がずっと深刻で興味深いのであった。

DATA
東急百貨店さっぽろ店

札幌市中央区北4条西2丁目
※今年開催されたのは「第2回 大福岡店」
2018年5月17日(木)〜22日(火)(最終日は19時閉場)で既に終了しております。

博多らーめんshinshin(シンシン)天神本店
福岡県福岡市中央区天神3-2-19

今日の一言
  偏差値より
   今気にするは
    血糖値

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)