喜多方ラーメン(老麺)まるや@東急さっぽろ

2018年8月31日

大晦日には年越しそばを食べないと正月が来ないように、東急さっぽろの晩夏の催事で喜多方ラーメンまるやを食べないと札幌の秋を迎えられないと・・・。

FB友達がそんな事を書いていた。

いやいや、大げさな。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

そんな事があるかいな!┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

そう思いながら過去画像をさかのぼってみると・・・。

あるかも知んない(*o*)!!!

過去の写真をみて今更ながらびっくり。
なんせ2007年から欠かさずに食べているんだもの。
食べずに札幌で秋を迎えたことがないってことは・・・。

食べなきゃ秋が来ないかも知れない!!

ということで、秋をお迎えに行ってきました(^^;

会社を10分ほど早く抜け出して閉店間際に滑り込みセーフ!

時間がない上に、これから喜多方ラーメンを食べようってのに試食に捕まるのであった。

危うくラストオーダーに間に合わないところ(^^;

ということで、ラストオーダーギリギリ到着の喜多方老麺まるや。

今年も来てくれて本当にありがとう(T_T)

数年前から「油多め」コールは必須。

はい。
どーん(^o^)

テンションあげあげっす。

これこれ。

油の量は普通でももちろん十分に美味しいけど、油多めにすると甘みが増して中毒性がさらにアップ。
豚の甘みがたまりません。

ちょっと柔らかめのこの麺も好み。

この時間はチャーシュー麺はすでに売り切れでしたが、デフォでも3枚乗ってくる大盤振る舞い。

適度な脂身の柔らかさ。
たまらんです。

北海道の秋を代表する味覚の一つサンマ。
今年はどうやら久しぶりに豊漁になりそうと今朝のニュースで言っていました。
丸々と太ったサンマが早くもスーパーに並び始めていました・・・。

そして北海道の夏を代表する味覚の一つとうきび(トウモロコシ)。
ようやく地物が出回り価格も安くなってきたなぁと思っている矢先に秋の味覚の登場。

あー・・・夏が終わり秋がはじまるんだなぁ・・・。

そんな事を感慨深く思っていた昨夜・・・。

いやいや!!
危なく秋が始まらないところだったよ!!

感慨に浸っている場合じゃなかったな。
ということで、わたくし・・・今年も無事に秋を迎えることができそうです。

「迎春」って言葉はあるけど「迎秋」って言葉ってあったけ?(^^;

と・こ・ろ・で!!

冒頭の写真。
実は「まるや」じゃない画像が混じっているのに気が付きましたか?(笑)

喜多方で食べた「坂内食堂」と、首都圏某所の「喜多方ラーメン 坂内」の画像が混じっています(^^;
気になる方はもう一度見てください(笑)

~~エピローグ~~

ラーメンだけじゃなく東北物産展では美味しそうなものがいっぱい。

そんな中、目に留まったのが、この干し柿。
両親共に好きだが、特に父が大好物な事を思い出した。

せっかくなので大袋をかかえ、帰りに実家に寄って父にプレゼント。
さっそく目を細めながら美味しそうに食べていた。

母が入れてくれたお茶をすすりながら、私も一ついただく。
優しい甘さで仕事の疲れと緊張感がゆっくりとほぐれていくのがわかる。

いや、疲れが癒されるのは干し柿の甘さのおかげだけじゃないな。

帰り際に大げさなほどに父が喜んでくれたのがなんだか照れ臭い夜でした。

DATA
東急百貨店さっぽろ店

北海道札幌市中央区北4条西2-1
011-212-2211

第3回 東北六県 味めぐり
8月30日(木)~9月4日(火)(最終日は19時閉場)
9階 催物場

「今日の一言」
  手土産の
    干柿よりも
      頬染めて