落葉キノコ2020前半戦!早生もの狙いの初陣

落葉キノコシーズン到来!

北海道では8月下旬に「早生(わせ)」と呼ばれるちょっと早いタイミングで第一陣が出る。

秋が旬の鮭もトキシラズと呼ばれる春から夏にかけて旬になるものがいるけどそれみたいなものですかね?
厳密に言えば全然違うけど、この辺ちゃんと書くと長くなる(ウザくなる)ので「季節の勘違いヤロウ」ってことでひとくくり。

9月頭に第一陣が採れたとの噂を聞きつけたのでいざ出陣!!

まだ夜も明けきらない午前4時出発!

写真では簡単に1枚目をアップしているけど・・・。
まぁこれがまた全然見つからない。

場所が悪かったのか早生もの狙いとしてはちょっと遅かったのか・・・。

いわゆる「シロ」と呼ばれるシロヌメリイグチは結構あったけど、落葉キノコ(ハナイグチ)は中々見つからない。
それでもシロも食感はちょっと違うものの、もちろん美味しいくいただけるのでの状態の良いものを少し採ってきました。

今にして思えばですが・・・早生ものが採れたのは「山の上」なんて聞いていたから、勝手に平地はもっと遅いだろうと一週間ぐらい遅らせて出陣したけど、実は平地も同じぐらいのタイミングで出ていたみたいね。

だって大きくなりすぎていたり、溶けはじめていたりなんてのが結構あったもの。

来年はもっと早く行く事にしよう・・・。
こうやって毎年毎年採りに行く時期が早まっていくんだよね。

そのうち絶対に生えているはずの無い真夏に探しに行くようになったりしてね^^;
トキシラズもびっくりの「季節の勘違いヤロー」になりそうです。

それでも時々良いものもゲット。
初陣としてはまずまず・・・かな。

もうこの時期になるとどの木もカラマツ(ラクヨウ松)に見えてくるし、どのキノコもラクヨウキノコに思えてくるし。

お!模様をまとったラクヨウキノコ・・・とか。

お!開きすぎているけど形の良い落葉キノコとか・・・。

もちろんこれは食べられません!
毒キノコの「テングダケ」です。

食べてもいないのに幻覚症状を引き起こしてんじゃね?おれ?

ちなみに春には大通り公園のチューリップを見て「あれ?アイヌネギじゃね?」とか一瞬頭をよぎるポンコツも私です。

逆に目立たないところにある本物を見つけるとアドレナリンがドバドバと出てきます^^;

あまり質の良いものは採れなかったけど、新しい場所も見つけることができたし、今後に期待できるかな。

初物を美味しくいただきました^^
キノコは食べておいしいけど、食べなくても「採るだけで元気になる」という作用があると思う。

ホントは9月後半4連休の出来事もまとめて書こうと思ったけど、長くなりそうなので次回に回します!
続く・・・と思う^^;
(続かなかったらごめんなさい)

「今日の一言」
  木漏れ日に
   キノコが枯れ葉に
    かくれんぼ