支那そば鋳(ちう) 地鶏光麺醤油(味玉付き)

「私はね、相手を選ぶときは外見より中身で判断するの」
なんて言う女性は少なくない。

うん、いいね!
外見がそうでもないオレみたいな人にもチャンスがあるかもな・・・なんて勘違いしてしまう。

でも、そう言っている人も某アイドルには「きゃー♥」と黄色い声援普通に投げかけていたりする。

そんな人に
「オレは中身は某アイドルには負けていないと思うのだが」
なんて言おうものなら・・・。

投げかけられるのは黄色い声援どころか、石か罵声がいいところだろうね。

いや別に私が黄色い声援を欲しがっているわけではない。

内面の美しさは表ににじみ出るよねって話。
そして、外見も意識してキレイになろうとする人は内面もキレイになるのかも知れないねって話。

今日はそんな哲学的な話なのである。

そう、時に内面の美しさ=意識の高さであり、その意識の高さが外見を磨く努力になったりする。

見て!この美しさ!
こんな美人は中々いないよね^^

地鶏光麺の名の通り光り輝いている!

スキンケアで大切なのはオイルや美容液よね~。
カサカサのお肌にはなりたくないもの^^
あと美容液を選ぶときには香りにもこだわっているの!

美しく金色に輝く鶏油。
美しいだけじゃなく、香りも味も鶏の芳醇な香りが広がる。
思わず「きゃー♥」ってなるね!

アクセサリーや小物も気を遣うわ。
似合わないものはイヤなのは当たり前だけど、できればみんなが使っていない私らしいものを選びたいわ。

ラーメンの味も見た目も邪魔をしない・・・それどころか揃えられた芽ネギはどんなピアスよりも美しさを引き立ててくれる。

ほら、私の髪って長いじゃない。
トリートメントやケアには人一倍気を遣うわ。

ドンブリの中でキレイにそろえられた麺線。
それだけでもため息が出るのだが、この長めに打たれた自家製麺。

しなやかな食感はすすり心地も抜群で、唇を伝わる感触は官能的とさえ言える。

いったいなんのこっちゃの話になったが、支那そば鋳の話である。

提供された瞬間にその美しさに「はっ」と息をのむほど。

そろえられた麺線にキレイに盛り付けられたトッピング。
配置から色味まで考え抜かれたビジュアル。

そしてこのお店のすごいところは「見た目がキレイなだけじゃない」というところだと思う。

冒頭の「内面の美しさが表に出ている」典型的な例だと思う。

一つ一つの素材選びや味付け、全体のバランスなどが考え抜かれた「味」(中身)が素晴らしいお店だ。

で、その一つ一つにこだわっているからこそ、見た目にもこだわりたいという考えにつながっているのだと思う。

美味しさと美しさ。
その両方を兼ね備えた支那そば鋳。

RAMEN RS改を立ち上げた店主の新しいチャレンジ。
RS改時代から味と美しさで評判だったが、ここ新天地でさらにその両方に磨きがかかったように思う。

今年の新店では間違いなくトップクラス・・・いや、新店だけじゃなく、札幌を代表するお店になっていく予感がするのである。

だったらもっと真面目にブログで紹介しろよっ!
と言われそうだね^^;

これっぽっちも哲学的な話にはならなかったなぁ。

あ、石や罵声はやめて~(><)

DATA
支那そば鋳
北海道札幌市中央区北1条西27-2-13

「今日の一言」
 光る丼
    ためらいの後
      ため息に