中華そばとみ田つけ麺&すみれチャーハン@コンビニ冷凍メシ

実はこのブログもアクセスを増やそうと思ってちょっとプロのコンサルをお願いすることにしたんだよね。

その名も「チャラパリピ株式会社」!
後輩がやっているコンサル会社だ。

「てぃーっす!パイセン久しぶりっす!」
「ブログのアクセスを上げたいと思ってんだよね」

「内容見たっす!もっと若い人にウケるようにチャラくしてバイブスぶち上げたら良くなんでね?って思う今日この頃のオレ。」
「う、うん・・・そうなのね」

「パイセーン!パイセンの記事ってラーメン屋に行かなくちゃなんないじゃないっすか!
それじゃあダメダメYO!時代はビニベン・ビニメン・ビニメシ♪っすよ」
「びに・・ぼん?」

「ちげーし。ビニ・メ・ン!コンビニ麺!」
「あー・・・なるほど」

「ほら昔っから言うべ。遠くのメシより近くのビニコン!」
「・・・それを言うなら”遠くの親戚より近くの他人”だね(-_-)」

「ビニコンのコールディーでクールディ!カチンコチンのメンメンメーンっすよ!」
「・・・なるほどコンビニの冷凍麺・・・ってことね」

「コールディーなビニメン取り上げたら、もっともっとムーブメント起こせんじゃね?って・こ・とっ!」
「要するにコンビニネタをアップしたらアクセスアップにつながるだろうって言いたいわけね。」

「それそれ!それで間違いナイトプール!」

とかなんとかやっているうちにスペースがなくなってきた。
セブンイレブンの「とみ田」のつけ麺。

これメッチャクオリティが高い!

むっちむちの弾力ある麺に、濃厚な魚介豚骨スープ。
とみ田の雰囲気がきっちり出ている。

これが会社で食べられってのはありがたい。

ついでにすごいなと思ったのは「袋が水切りザルの役目を果たしてくれる点」。
レンチンした麺の上部を開けて上から水道水をジャバーっと入れると網目から水が出てくれて、あっという間に冷たい麺の完成!

手軽さといい、クオリティといいこれは中々いいんじゃない!

「エびバディメンツケでトロっちゃって↑うまみがぱねぇことになっているべ!」

~~~~

「パイセン!バイブス上がってきてんじゃね?」
「う、うん・・・いいかもしんない」

「だべし?鳥類わかりみの令!」
「なんのこっちゃだけど・・・いいかもね」

「続けてビニメシやっちゃいなYO♪」

「こっちのチャンハーもレジデンチンよろたのです!」
「はいはいチャーハンも電子レンジでチンしろってことね。」

「袋にフォークで穴をあけろと書いているけど・・・・」
「破裂したっていじゃね~↑ポンポンしちゃってちょーだい♪↑」

「いやいや。一応口を上の方だけ開けておくよ」

「ところで、お前はホントにコンサル業なんてしてんの?」

「あったり前田の手稲前田ぢゃーん!アメリカーンな大統領のオバーマのコンサルだってしてんぜ!」
「いや、アメリカ大統領はオバマさんじゃないし」

トゥトゥトゥトゥトゥトゥーン♪
トゥトゥトゥトゥトゥトゥーン♪

「おっ!ほら!さっそくオバーマから電話相談だし!」
「LINE電話で大統領から電話が来るかよっ!」

 

「しかも表示は漢字で「小浜」って出てんじゃん。オバマじゃなくてコハマじゃん」

「イフィフ~♪」
「もしかしてもしもし?なのか?」

「ところでお前はお金を稼いでどうするの?」
「決まってるべ!自家用ジェット買うし。」

「どこで?」
「どこで?って・・・ドンキにあんじゃね?」

「ドンキ・・・には自家用ジェットは売っていないと思う。」
「じゃぁメガドンキ行きゃあるべし。」

こっちもスペースがなくなってきたのでちゃんと(?)評価。

これまためちゃクオリティが高い!
ほんのり醤油の香ばしさ。
厚みのあるコク。
レンジ調理とは思えない美味しさ。

「とみ田のつけ麺もすみれのチャーハンもハピバでべリグでポンポンポーンだべ!」

最後の最後までなんのこっちゃの記事になってしまいましたが・・・。

お手軽さを表すために軽いノリで記事を書いてみた・・・・というのはウソで、昨夜お笑いコンビEXITの漫才の録画を見てしまったので影響を受けてしまったようだ^^;

本日はこの辺で。
そろそろおあとが、ひあういごー!

「今日の一言」
  お手軽さ
   ブログも軽さで
    表現し