丸亀製麺 一日は釜揚げ半額デー

幸せを感じる風景。

白い雲に青い空・・・・
そして・・・。

白いうどんに青いネギ(笑)
丸亀製麺のお話です。

一年を通じて記念日ってのはいくつもある。
そしてその日にはふさわしい料理があったりする。

大みそかには蕎麦を食べ、正月には餅を食べ、お彼岸には牡丹餅やおはぎを食べたりする。

人によっては彼女の誕生日はフレンチで結婚記念日は豪華な和食とかもあるかも知れない。
・・・後ろ二つはどちらも私には関係ないけどね(-_-)

大体が「年に一回の記念日」なのだが、中にはそうじゃないものもある!

月に一回!
「毎月一日は釜揚げうどんの日」!!

その昔、俵万智さんが
『「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日』
という歌を詠んで話題になった。

マンボウ的には
『お財布がさびしいねと独り言を言ったから一日は釜揚げ記念日』
と命名しても良いのではないかと思う!

サラダが美味しかったぐらいで記念日にしていいなら、一日は釜揚げうどんの「記念日」と呼んでも許されるのではなかろうか。

そうそう。
私は常に財布の中に某メーカーの頭痛薬を入れている。

どうやら半分は優しさでできているらしいが、入れっぱなしでも決して財布には優しくはない(-_-)
そして胃には優しいようだが、胃は喜んじゃくれない。

釜揚げうどんの日は
・並→140円
・大→190円
・特→240円
ですぜ!

財布には優しいし、胃も喜ぶってもんですよ。

調子に乗って大盛+レンコンの天ぷらと鶏天をつけたので、胃は喜ぶよりもちょっと悲鳴を上げていた気もするが・・・。

冷たいうどんのコシも大好きだが、釜揚げうどんのどこか頼りなさげな食感も実は大好き。

このちょっと濃いめの出汁もいいね。

ちなみに讃岐うどんの出汁の主役は一般的には「いりこ」。
いわゆるこちらで言うところの「煮干し」で主にカタクチイワシが主流らしい。

一方丸亀製麺は手火山式(てびやましき)のかつお節、さば節、うるめいわしなどの魚の削り節にアゴ(トビウオ)出汁が中心らしい。
真昆布の旨味も良く効いている。

丸亀製麺の出汁の美味しさを味わうなら、かけうどんなどの温かい汁のメニューがオススメ!
出汁サーバーからたっぷり注いでいただきましょう(^^)

確か記憶によると「カツオ出汁の方が香川以外の方に広く受け入れられる(だろう)から」という事だったと思う。
確かに老若男女、広く受け入れられるのはカツオ出汁ベースかも知れないが、本場香川のいりこ出汁の美味しいヤツでも食べてみたいね。

個人的に丸亀製麺では行列に並んでいる間中何を頼むか悩む。
・コシのある食感を楽しむなら「ぶっかけ(冷)」
・出汁の旨味を楽しむなら「かけ」
・柔らかめの食感の気分or小麦の味わいを楽しみたいなら「釜揚げ」
てな感じでね。

でも毎月一日の釜揚げうどんの日だけは悩むことなく「釜揚げ一択」なのでした。

ちなみに、書き忘れていたが、訪問した時間帯は15時頃。
ランチタイムじゃなくおやつの時間。
ええ、もちろんお昼ご飯は食べてから行っています。

単純にお昼ご飯+うどんなのでお財布に優しかったかどうかはちょっと疑問も残るところ。
今後財布に入れるべきは頭痛薬ではなく胃薬なのかも知れない。

DATA
丸亀製麺 新札幌店
北海道札幌市厚別区厚別東5条2丁目1−38
011-898-7590

「今日の一言」
   秋の空
    うどんに負けぬ
      白い雲