5年前のとある出来事~その3 最高にツイてた日~

翌朝の天気は快晴!
レンタカーを借りて観光をすることも考えたが、昼飯と一緒に昼酒を決めてやろう、などと考えたこともあり、ちょっと贅沢に観光タクシーを使う事にした。

事前の下調べで、天守閣展望台・十国峠などの眺めを見てみたいと思っていた。
もう一か所どうして行ってみたいと思っていた梅園。
日本で一番早く咲くと聞いていたので運転手さんに聞いてみたら
「さすがにまだ早いのではないか?」
とのこと。

それでも、時間に余裕はあるし、天気も良い。
ダメ元で梅園に向かってもらう事にした。

ところが、例年にないほど早く咲いたという梅。
あちこちの梅の木が沢山の花を咲かせていた。

青い空にピンクの花がとてもきれいだった。

梅~は~♪咲いたか桜はまだかいな~♪

北海道では桜よりやや遅く咲くこともある梅の花。
その都々逸(どどいつ)の意味もピンとこない事があるが、こうやって正月の梅を見るとそれを歌う人のワクワクする気持ちもわかるような気がした。

富士山を見られるスポットはいくつもあるらしいが、運転手さんのオススメは「十国峠」とのことだった。
「ちょっと遠いけどこの天気なら最高の富士山が拝めますよ」
とのこと。

山頂付近だけ雪化粧をした冠雪富士の美しさには思わずため息がでた。
澄んだ空気のせいか、麓付近は薄く水色に見えるその姿はまさにそのまま絵葉書になりそうな美しさだった。

続いて向かったのは、天守閣展望台。

これまた圧巻の眺望だった。
ここって本当に日本?地中海じゃないの?と錯覚する様なその眺めに時間を忘れてしばらく見とれてしまったほどだ。

熱海のここからの眺めはモナコの景色と似ていると言われているらしい。

ちょっとした海外旅行気分も味わえたし、訪れた先すべてが最高の天気だったことにとても満足をした。
この日の観光は期待以上のものとなった。

天候に恵まれたこと、例年より早く咲いた梅を見れたことなど、なんだか正月早々「ツイテいる」と思ったのも事実だ。

これはいい一年になるんじゃないかな?
宿に戻り温泉につかりながらそんな予感を感じていたのだが・・・。

(続く)