札幌ラーメンショー2023!4年ぶりの開催

札幌ラーメンショーが4年ぶりに開催された。
第一幕第二幕あわせて13日間の会期で合計20店舗の参加とのこと。

初日の今日は残念ながら小雨交じりの悪天候・・・。
どんより曇り空で少し出足も鈍い様子。

写真だけでもテンションを上げたいところなのでちょっと青空加工にしてみました(笑)

天候は悪くても私個人としては久しぶりの開催にアゲアゲ~^^

ラーメンショーのちょっとした不満はレンゲが無いこと。
仕方がないことはわかっているけど、せっかくなので美味しくいただきたい!

という事でマイレンゲ持参(笑)
4年ぶりとはいえ、我ながら気合が入りすぎの気もする。

まず最初は山形県の「新旬屋本店」

山形県の「さくらんぼ鶏」という鶏を使用しているそうで・・・。

鶏スープうまっ!

濃いめに煮出された鶏の旨味、鶏そのものの旨味があふれています。

ややワイルド感も感じる良い意味での鶏臭さは中毒性が高そう。

そしてこの平打ちの縮れ麺。
これが秀逸!

ラーメンショーのようなイベントでは茹で時間の長い麺は回転率が落ちるので不利(あくまで商売的にはという意味)と言われていますが、この麺でやってきてくれてありがとう!という感じ。

もっちもちの食感が楽しい^^

かみしめると鶏の旨味があふれてくる鶏肉に・・・。

キンカン(の卵が形になる前の黄身)が入っているのも嬉しい。

美味しかった^^

続いてこちらは同行者の埼玉県の「竜葵(ほおずき)」

「名古屋コーチン」「秋田比内地鶏」「薩摩地鶏」を使用しているとのこと。

スープに浮かぶ黄色い鶏油が特長的。
旨味はしっかり出いているがあくまで上品に仕上げている印象。

同じ鶏を使ったラーメンでも先ほどの「新旬屋本店」が濃厚ワイルド系なら、こちらの「竜葵」は上品クリア系かな。
どっちが美味しいとか正解とかじゃなく、それぞれに個性がキラリと光り、どちらも美味しいね^^

こういう風に食べ比べができるのも楽しいところ。

ストレートの細麺がこれまたこの上品なスープに良く似合う。

かみしめるとジュワッと肉汁があふれてくる肉団子に・・・。

極太メンマ。

スープや麺はもちろん、各店具材にも個性があるから面白い。
そしてそれが食べ比べられるのがありがたい。

さて、混雑しないうちにもう一軒!

豚骨ラーメン発祥と言われる久留米の「本田商店」

久留米と言えば大砲が有名だが、そこが編み出したという「呼び戻しスープ」という豚骨濃度を上げる炊き方。
ここ本田商店でも呼び戻し技法を使っているらしい。

濃ゆい!!
これこれ^^

まさに久留米系ラーメンだね^^

そして良い意味で「豚骨クサイ!」^^
これは私的にはめっちゃ誉め言葉です。

このニオイは豚骨好きにはたまらない。

細麺ストレートは低加水でやや固めの茹で加減。
最高です^^

そしてこのアオサ海苔のトッピングがまた良かった。

豚骨の風味と喧嘩するかと思ったら、想像以上に相性抜群!

麺も海苔まみれ~!

卵も海苔まみれ~^^

このスープの豚骨の香りに磯のアオサ海苔の風味ったら最高じゃん!
気に入りました^^

わかりにくいけど飲み干したドンブリの底には骨粉が。
きっちり炊かれた豚骨スープの証ですね^^

初日は曇り空で出足こそ悪いようですが、テレビの放映などが入る明日からは混雑するでしょう。

4年ぶりの札幌ラーメンショー!
こうやって全国の人気店が来てくれて札幌で食べられるのはありがたい・・・。
ようやくコロナ禍から抜け出した印象があるね。

会期は5/28まで。
今年は何回行けるかな・・・。

DATA
札幌ラーメンショー
●第1幕2023年5月15日(月)~5月21日(日)
●第2幕2023年5月23日(火)~5月28日(日)
10:00~21:00(オーダーストップ20:30)<雨天決行>
※5/22(月)はラーメンブース入替の為、営業はお休み

「今日の一言」
   麺すする
    スープに映るは
      青い空