北海道胆振(いぶり)東部地震から一年 ~何を学び何を忘れたのか~

苫小牧から八戸に向かう船の中。

何度も乗船したことがある深夜発~早朝着の深夜のフェリーだ。
昔から船は好きでエンジン音もいつも通り心地よく感じた。

この日も寝る直前まで気分よく酒を飲みベッドに入った。

いつもと変わらない、いつもの深夜のフェリー。

個室の部屋は快適だ。
「目が覚めたら八戸だな・・・。」
そう思いながら眠りについた。

この時点でもエンジン音は心地よく感じた。

だが・・・。

夜中に何度も飛び起きたのだ。

「地鳴り!!!」

そう。
以前は心地よく感じ子守唄のようにさえ感じた船のエンジン音が、まるで地震の時の地鳴りと同じような響きに聞こえるのだ。

心の中には自分が考えている以上にダメージが残っていたのかもしれない。

~~~~

不気味な地鳴りの音で深夜に目が覚めたのはちょうど一年前の平成30年9月6日。
時刻は午前3時を過ぎたころだった。

最大震度7のかつて経験したことのないような大きな地震。
直後から起きた北海道全域にわたるブラックアウト。
物流が途絶えあらゆる売り場からあっという間にモノが消えた。

一年が過ぎてふと思う。

あの地震で私が得た教訓はなんだろう?
災害に対する備え、電気の大切さ、家族の絆、仲間との絆、自然の畏怖etc.

教訓として得たものも大きかったが、たった一年で大切な沢山の事を忘れてしまった気もする。

本当は一年後の今日・・・たくさんの事を書こうと思っていた。
実際文章を途中まで書いたのだが結局全部消してしまった。

震源地近くでは未だに400人余りが仮設住宅での暮らしを余儀なくされていると聞く。
その人たちの事を思うと何とも言えないせつない気持ちになる。

色んな思いや葛藤が未だにあるけれど、今日は当時の出来事や気持ちをもう一度思い出さなきゃなと思った朝でした。

~~当時のブログは以下~~

北海道大震災 その01 ~突然の揺れ~
北海道大震災 その02 ~街灯が消えている~
北海道大震災 その03 ~暗闇の中両親宅へ~
北海道大震災 その04 ~深い夜の闇~
北海道大震災 その05 ~青い空と暗い信号~
北海道大震災 その06 ~震災の中で囲む食卓~
北海道大震災 その07 ~都市機能麻痺と葛藤~
北海道大震災 その08 ~震災時に見た日常風景~
北海道大震災 その09 ~北海道人気質について~
北海道大震災 その10 ~電気の復旧~
北海道大震災 その11 ~震災後の会社や店舗~
北海道大震災 その12 最終章~元気です!北海道~